獅子の如く 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【獅子の如く】花見の時

公開日:2022/03/14 最終更新日:2022/03/18
ライター:攻略班
コメント (0)

『獅子の如く~戦国覇王戦記~』における花見の時についてまとめた記事です。花見の時とは何か、どのような恩恵があるのかについてまとめましたので、ぜひ攻略の参考にしてください!

花見の時とは

約1ヶ月間開催される任務型イベント

「花見の時」はこれまで開催されてきた「八重桜栽培」をリニューアルしたイベントです。両金を消費して祝福値を上げて、各種任務をクリアして成長値を貯めて、祝福値と成長値の両方が規定値を達成すると、規定値の分が差し引かれ、桜がレベルアップする流れとなっています。

基本的なルールや詳細に関しては「八重桜栽培」と共通点が多いので、そちらの攻略ページも参考にしてください。

八重桜栽培

専属守護霊の獲得が1つの目標

「花見の時」の目的の1つは、仕官所武将の専属守護霊と交換可能なアイテム「霊玉」を獲得することです。仕官所の探訪から獲得できるSSR武将にも優秀な専属守護霊持ちは多いので、霊玉を獲得して覚醒を進めましょう。また、ほかにも命魂や精髄、隕星石など覚醒を進める上で欠かせない各種アイテムも手に入るので、積極的に桜のレベルをアップさせたいです。

資源宝箱も魅力的

「花見の時」のイベント期間中、100成長値を獲得するごと資源宝箱が1回累積します。この資源宝箱はイベント終了後に獲得可能かつ、祝福値が高いほど獲得できる量が増えるので、イベントに取り組めば取り組むほど大量の資源を獲得することができます。

攻略ポイント

ゴールポイントを定める

「花見の時」では、レベルを上げるために両金の消費とさまざまな任務達成の両方が必要となります。たとえば専属守護霊の交換に必要な霊玉は桜レベル30までに取り切ることができるので、それだけを目的にするなら31以上を目指す理由はありません。

なお、31~40は「海塩、通用命魂(地)、隕星石(一~三)」、41~50は「海塩、通用命魂(天)、隕星石(四~六)」が手に入るので、これらに魅力を感じるのであれば目指してもよいでしょう。

また、レベル31、41、50の各段階に達するとイベント専用の装飾が手に入るので、そちらの獲得を目指すのもありです。

毎週任務とイベント任務に注目

成長値を獲得できる任務には毎日任務、毎週任務、イベント任務の3つがありますが、専属守護霊獲得に必要な霊玉をすべて集めるには毎日任務だけでは足りません。毎週任務も平行してクリアしつつ、さらにイベント任務も意識的に達成するようプレイする必要があります。
なお、一部のイベント任務には繰り返し成長値が獲得できるものもあるので、成長値が足りない場合は繰り返し達成することを検討しましょう。ただし、各イベント任務で獲得できる成長値には上限があります。

毎週任務の内容は両金を消費して更新可能ですが、「更新回数に応じて必要両金が増える」、「更新内容はランダム」という点も考慮して更新するかどうか決めたいです。

両金消費は各種イベントで

祝福値を上げるための両金消費先は、各種イベントがおすすめです。普段から両金を貯めておき、武将訪問イベントや名将招聘イベントなど、大量に両金を消費するイベントが来たときに一気に費やすと一石二鳥です。

専属守護霊選択のコツ

本イベント限定の専属守護霊と交換できる「霊玉」ですが、毎開催の任務クリアで獲得できる霊玉の個数には上限があります。一度に複数の専属守護霊を獲得できないので、交換する専属守護霊の選択は慎重に行ないたいところ。

本イベントで獲得できる専属守護霊の特徴として、各兵種の強化に秀でた専属守護霊が多い傾向にあります。例えば騎兵をメインに運用している方は騎兵武将の専属守護霊を交換といったように、自身の編成に合った専属守護霊との交換を優先したいです。

例外として濃姫の専属守護霊のように、自軍の兵種問わずスキル効果が発動する専属守護霊も存在します。スキルの内容と効果範囲を判断材料にして、効率よく専属守護霊を獲得しましょう。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。


雑談掲示板


コメント