獅子の如く 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【獅子の如く】当主について

公開日:2020/11/18 最終更新日:2020/11/18
ライター:ゆきとむし

『獅子の如く~戦国覇王戦記~』における当主についてまとめた記事です。一族当主として必要なこと、取り組むべきことをまとめました。ぜひ攻略の参考にしてください!

当主について

当主は大変だけどやりがいのある立場

獅子の如くをプレイするうえで、一族は欠かせない要素です。開放直後のサーバーでは既存の一族に加入するか、もしくは新たに一族を設立する選択肢もあります。既存のサーバーにおいても当主の引退などにより、当主を引き継ぐパターンはあるかもしれません。

そこで今回は、筆者が一族を運営していくにあたり気をつけているポイント、苦労したことをご紹介いたします。今後当主になられる方への参考になれば幸いです。

一族の運営

一族の方針を定める

一族を運営するにあたり、一族を今後どうしていきたいかを示すためにも、方針を決めておきましょう。方針を決めず行き当たりばったりにしていると、一族メンバー間のプレイスタイルの違いから連携が取りにくくなる可能性があります。チャットを楽しむ、対人戦を頑張る、イベント全力など、当主やメンバーみんなで話し合いましょう。方針が定まっており実行に移していれば、自然と同じ志を持った仲間が集まってくるはず。方針が定まっていれば一族について具体的に紹介しやすくなるため、勧誘もしやすくなるでしょう。

注意すべき点としては既存の一族で新たな方針を打ち出す際、あまりに一族メンバーの個性とかけ離れた方針に決定してしまうと、一族内の不和の原因となりうる点。度々変更せず一度決めたらやり抜く覚悟を持つ、ブレない方針が求められます。

外交は慎重に行う

獅子の如くでは同一サーバーに数百~数千人以上ものプレイヤーが混在しています。人数が多くなればなるほど、一族内だけでなく自一族と他の一族間において問題が発生するケースもあるでしょう。

他の一族メンバーと連絡を取る際、感情的な対応をしてしまうと噂が伝播してしまい、サーバー内の立ち位置が悪くなる恐れがあります。最悪のケースとしては自一族以外すべてを敵に回してしまい、望まぬ戦争を仕掛けられる可能性も出てきます。個々のプレイヤーとやり取りする際は同じゲームを楽しむ仲間として、相手を尊重しつつやりとりすべきです。逆にあえて戦争になるように仕向けて、自ら戦争に参加していくプレイスタイルも取れます。

トラブル発生時は俯瞰して物事を考える

獅子の如くではゲームシステムの制限とは異なり、一族内や他の一族との取り決めをする場合があります。取り決めをしても何かしらのトラブルが発生することもあるでしょうが、当主として個人の主観を重視せず、俯瞰して物事を考えるようにしましょう。状況を客観的に見ることができたら、適切な対応をしやすくなるはずです。自身の対応次第で一族50人、同盟なら最大250人のプレイヤーの今後に影響することを常に意識しましょう。

当主の経験談

ここまでは筆者の当主として気をつけていることを述べました。しかし実際は理想通りにいかないことも多々あります。私の経験談をご紹介しますので、参考になれば幸いです。

引退者が後を絶たない

ゲームである以上仕方ないのですが、一族を運営していくうえで引退者の発生は避けて通れません。筆者は前当主から引き継ぐ形で当主をスタートしたのですが、その時は前当主の後を追うように引退する方が続出し、一時期は同盟各一族30人程度で動いていたこともありました。

同盟内のメンバー移動で対応していた時期もありましたが、住み慣れた一族から離れるのは寂しいものであるとメンバーとの会話で気付かされ、同盟間移動を最小限にすることを決定。少ない人数ながらも各種イベントへの徹底的な取り組みを継続し実力をアピールしつつ、他の一族とのやり取りを頻繁に重ねた結果、人数も戦力も持ち直すことができました。自身だけではどうにもならない状況であったため、サーバー内全プレイヤーの理解があってこそ今があると言えます。

一族内や同盟との連携が上手く行かない

城市攻略などのイベントや戦争において、メンバー内の連携は欠かせません。連携には信頼関係が大切ですから、無理のない範囲でコミュニケーションを取るようにしましょう。筆者の一族はトラブル発生時の連帯感がいまひとつだったのですが、今思えばコミュニケーション不足が影響していたと分析しています。

一族として取り組むべきこと

一族全体で取り組むイベントは全力でやる

獅子の如くは一族や同盟全体で取り組めるイベントがいくつも用意されています。一族単位のイベントは連携力を養えるだけでなく、本ゲームを楽しむ為の要素が多数盛り込まれていることから、全力で取り組むべきでしょう。みんなでひとつのことに全力で取り組む体験は、成功可否問わずかけがえのない経験となるはず。

一族全体対象イベントの名称
(2020年11月現在)
籠城武練
内裏褒賞
野武士討伐
城市攻略
信長包囲網
川中島合戦
車懸りと鶴翼
一族武練
九州制覇
豪族討伐
越境・決戦設楽原
三方ヶ原の戦い

困った人がいたら助け合う

今後もずっと同じゲームをやっていく仲間として、トラブル発生時だけでなく一向一揆の集結が出発しない時は参加するなど、普段からの助け合いが必要と考えます。困ってる人がいたら放置せず、関心を向けるように意識するべきです。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

攻略メニュー
攻略情報
初心者向け
解説および攻略
システム
イベントの攻略
武将について
城内の施設
城内の建築物


トップへ


コメント