獅子の如く 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【獅子の如く】一族軍略について

公開日:2020/09/18 最終更新日:2020/09/30
ライター:ゆきとむし

『獅子の如く~戦国覇王戦記~』における一族軍略についてまとめた記事です。一族軍略とはなにか、どのようなことができるのかについてまとめましたので、ぜひ攻略の参考にしてください!

一族軍略とは

一部の役職が発動できる

一族軍略はプレイヤーが個人個人で発動できる策略と異なり、一族に所属する当主、宿老、指南役だけが発動できるものです。城市攻略に活躍するものが多く揃っており、どれも便利に使うことができます。

一族について

一族軍略の研究をすることで使用できる

当主、宿老、指南役が一族軍略の中から選び、研究対象として設定することで一族メンバーが研究に参加できるようになります。参加したメンバーが任務を完了するたびに研究進度が進みます。
研究には最大で3人まで武将を派遣することが可能で、1人目は75、2人目は85、3人目は95の智略が要求されます。研究に参加することで貢献度も獲得できるため、最低でも智略75の武将はつねに研究に回しておきましょう。

一族軍略は回避できない

一族軍略は効果を発揮するまでにタイムラグがありますが、受けた相手は回避をすることができません。ただしタイムラグの間に対策を取ることはできるので、城市攻略イベントなどで他一族との戦いが予想される場合はつねに一族軍略を警戒し、いつでも対応できるようにしておきたいです。

なお城市周りにある拠点は、一族軍略の対象になりません。敵に占領されると対処が困難になるケースが想定されますので、城市周辺の警戒は怠らないようにしましょう。

一族軍略の一覧

名称 効果
孤立 敵の砦・支城・主城・拠点に使用する。使用するとその建物は集結の出発点にできなくなる。30分持続。
煽動 敵の城市に使用する。使用すると最大でその城市の現在の労役兵の上限20%の労役兵を減らせる。
誘導 敵の城市に使用する。使用すると現在の援護部隊数の10%をランダムに減らせる(少なくとも1部隊)
封鎖 敵の城市に使用する。使用すると敵は10分その城市を援護できなくなる。
隠蔽 当方の城市に使用する。使用すると敵は当方城市に対し25分間偵察不可。攻城中にHP不可視となる。
募兵 当方の城市に使用する。使用すると最大でその城市の現在の労役兵の上限20%の労役兵を増やせる。
伏兵 敵の砦に使用できる。目標周囲に伏兵部隊が出現し目標を攻撃する。伏兵の強さは目標の御殿レベルと関係。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

攻略メニュー
攻略情報
初心者向け
解説および攻略
システム
イベントの攻略
武将について
城内の施設
城内の建築物


トップへ


コメント