獅子の如く 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【獅子の如く】効率のいい鉄鉱の集め方

公開日:2020/09/18 最終更新日:2020/10/06
ライター:管理者

『獅子の如く~戦国覇王戦記~』における、効率のいい鉄鉱の集め方について説明しました。内政の重要資源である鉄鉱についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

鉄鉱について

もっとも重要な資源

鉄鉱は御殿レベル・施設レベルともに一定のレベルから先の昇級に必要な資源です。序盤の必要量は少ないですが、レベルが上がるにつれて必要量が膨大になる上に入手手段が限られているため、鉄鉱はつねにカツカツになります。効率よく鉄鉱を集めることは、『獅子の如く』においてとくに重要なポイントです。

効率よく集めるために

①鉱山に積極的に派遣する

鉄鉱はおもに鉱山に軍団を派遣して採掘することになります。軍団の荷重を増やしてなるべく多くの鉄鉱を回収するよう意識し、こまめに採掘軍団の帰還をチェックして再出発させ、常に稼働させるようにしましょう。砦や支城を他プレイヤーの少ない場所に普請しておくと、その周囲で誰も占領していない鉱山を探しやすくなります。

なお、採掘は御殿レベル9から実行可能になります。

鉱山について

②「探測」を持つ武将で採掘

「探測」スキルを持つ武将は採掘効率を上昇させます。この効果は最大で200%まで重複するため、探測スキルを持った武将を採掘軍団に集めることで大幅な効率アップが見込めます。

また、家宝のスキルは武将のスキルと重複するため、探測が付属した家宝があれば採掘軍団に組み込む武将に持たせておきましょう。

③プレイヤーの分身・領主を活用する

ゲーム開始時から武将として運用できる領主は統率の能力値が80とやや高く、スキルの切り替えで探測を有効にできるため、多くの兵を率いて荷重を増やしつつスキルで採掘効率を上げることができます。率兵をアップさせる指揮のスキルと探測を組み合わせて主将に配置することで、貴重な採掘要員として活躍してくれます。

④採掘に関連する奥義を研究

学問所がレベル18になると金山衆の奥義が研究可能になり、完了すると出征採掘軍団を+1にできます。同時に2つの軍団を採掘に派遣できるようになるため、収集効率が飛躍的に向上します。この学問所レベル18を目安として内政を発展させていきましょう。

また、資源カテゴリの奥義には採掘速度を上げる「鶴嘴」「上級・鶴嘴」があるため、そちらも研究しておくとよいでしょう。

奥義の研究について

⑤野武士や一向一揆からも入手できる

野武士や高レベルの一向一揆の討伐でも鉄鉱が入手できます。どちらもレベルが高ければ高いほどドロップ量が増えるため、高レベルのものを討伐できるように戦力を整えておきたいです。一向一揆は一族メンバーとの協力が不可欠なため、積極的に一族内で連携を取って挑みましょう。

⑥一族に加入して城市鉱山を利用する

城市周辺には、占領した一族のメンバー向けの「城市鉱山」が配置されます。高等鉱山には劣るものの普通鉱山よりも効率よく採掘できるため、空いている限りは積極的に活用していきましょう。

なお、城市鉱山は城市の繁栄度が高まるとマップ上に出現し、採掘に向かうことができます。

⑦イベントの報酬で獲得する

鉄鉱は各種イベントの報酬としても獲得できます。イベントに積極的に取り組むことでまとまった量の鉄鉱が入手できるため、報酬を確認しておくとよいでしょう。イベントでは鉄鉱以外の資源に加えて天賦を入手できることが多く、天賦スキルには採掘効率を上げるものもあるため、一石三鳥と言えます。

⑧本多正信週間パスを視野に入れる

毎週月曜日限定で、採掘に特化したSSR武将の本多正信が一週間レンタルできるパスが販売されます。多少なりとも課金ができるのであれば、本多正信を配下に加えることで採掘効率が劇的に向上します。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

攻略メニュー
攻略情報
初心者向け
解説および攻略
システム
イベントの攻略
武将について
城内の施設
城内の建築物


トップへ


コメント