獅子の如く 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【獅子の如く】荷重について

公開日:2020/09/18 最終更新日:2020/10/06
ライター:管理者

『獅子の如く~戦国覇王戦記~』における機能のひとつ、荷重ついて説明しました。策略とは何か、どのような働きをするのかについてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

荷重について

資源効率に直結する数値

鉄鉱を集めるための鉱山への派遣や、資源徴収のイベントでの市場への派遣など、城外に兵士を派遣して資源を集めることは日課となります。このような資源収集において、荷重は兵士が持ち運べる資源量を示す数値となります。

荷重を増やす意味

荷重を増やすと兵士が運べる資源量が増加するため、一度の出陣で資源を多く収集可能になり、資源を収集する場所と拠点を何度も往復する手間が減少します。内政において資源は必須であるため、資源を運搬する際はつねに荷重を意識し、効率的に戦力を整えていきましょう。

また、他のプレイヤーが収集中の鉱山を攻撃して資源を略奪するときや、一族メンバーに資源を援助するときなどにも参照されるため、軍団隊列の合計荷重値は高い方がよいと言えます。

荷重を増やす方法の紹介

荷重を増やす奥義を研究する

学問所で資源分野の「荷車」「上級・荷車」を研究することで軍団の荷重値が増加します。レベル10まで研究すると、それぞれに+40%の効果があるため大幅に荷重値を向上できます。

高レベルの兵士を用意する

『獅子の如く』では兵士レベルを上げることで荷重が増えます。どの兵種も同じレベルであれば荷重の数値も同じであるため、歩兵、騎兵、弓兵のうちどれかひとつの兵種に絞って高レベルの兵士を揃えてもよいでしょう。均等に兵種レベルを上げる方針の場合でも、現在もっともレベルが高い兵種を中心に編成することでより荷重を増やすことができます。

兵種と編成の基礎知識

率兵が高い武将を編成する

武将の率兵数が大きいほど部隊の兵士人数も多くなるため合計荷重が増加し、より多くの資源を運ぶことができます。できるだけ統率が高い武将や率兵を増やすスキルを持った武将を主将にするよう意識しましょう。武将の率兵数は城内施設の武家屋敷を昇級しても増やせます。

家宝の効果やスキルを活用する!

率兵数には統率の能力値が関わるため、主将にする武将に統率を補正する家宝を装備させることでも部隊の最大兵士数が増えます。

また、採掘時には「探測(採掘効率をアップ)」のスキルが付属した家宝を装備した武将を同時に編成すると、採掘効率がさらに上がります。なお、資源に関連するスキルは内政タイプの宝物に付与されるため、率兵数が向上しないことに気を付けてください。

宝物(家宝)について

秘策の車載斗量を使用する

秘策の車載斗量を使うと荷重を一定時間だけ増やすことができます。車載斗量は壱、弐、月間パスの3種類があり、月間パスは両金の消費が重めですが荷重+30%と効果が大きいため、余裕があればぜひ購入しておきたいです。

また、車載斗量・壱は比較的入手難易度が低く、とくに一族商店ならば両金を消費せずに購入できます。荷重+10%の効果は1時間ですが、部隊は採掘を開始した時点の荷重で資源を持ち帰るため、長時間の採掘にも使用できます。

天賦で小荷駄を取得する

天賦で「小荷駄」を取得すると荷重が増加します。荷重を増加させる天賦の注意点は小荷駄が「合戦」カテゴリに含まれているため、鉱山採掘速度を増加させる「金山達人衆」と同時に使おうとすると、多くの天賦経験点が必要となることです。戦いや資源生産に特化した天賦系統を作りたい場合は経験点を複数のカテゴリに分散させない方がよいでしょう。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

攻略メニュー
攻略情報
初心者向け
解説および攻略
システム
イベントの攻略
武将について
城内の施設
城内の建築物


トップへ


コメント