獅子の如く 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【獅子の如く】徳川家康(とくがわ いえやす)のステータスと評価

公開日:2021/02/01 最終更新日:2021/07/19
ライター:攻略班
コメント (0)

『獅子の如く~戦国覇王戦記~』に登場する武将「徳川家康(とくがわ いえやす)」についてまとめています。武将の能力やスキルを解説していますので、ぜひ攻略の参考にしてください!

徳川家康のステータス

徳川家康

レアリティSSR CV楠大典
入手方法武将訪問イベント
統率武勇見識智略内政
9987888798

徳川家康の縁結

縁宝物効果
歯朶前立頭巾兜徳川家康に装備させると統率+10、徳川家康の【東照大権現】スキル+6%、【神祖】スキル+2%
名称効果
戦国の三英傑配下に徳川家康、豊臣秀吉、織田信長が加わると、軍団の率兵数+5%
家康の娘配下に徳川家康、督姫が加わると、全軍の兵士の防御力+3%

徳川家康のスキル

スキル名効果(最大まで昇級した時の数値です)
東照大権現主将担当時、自身の基礎率兵数+30%
神祖戦闘時、当方兵士の防御力+10%(集結時に重ねて50%を超えず、最大100点上昇)

徳川家康の評価

最高峰の統率と内政を兼ね備えた武将。基礎率兵数+30%はトップクラスで、率いることができる兵の数では他の武将を寄せつけません。防御バフは自軍全体にかかることを考えると10%アップは破格の数値であり、相手の攻撃バフ次第ですが大幅にダメージを軽減することができます。集結時に50%までは重複する(最大100点上昇)ので、一族内で獲得しているプレイヤーが複数いると驚異的な防御力となります。条件は極めて難しいですが、縁効果の率兵数+5%も見逃せません。

特徴と運用

兵種を選ばないので、もっとも育成が進んでいる兵種の主将として運用しましょう。攻撃バフがないので、従軍させるのは攻撃にバフをかけられる武将がおすすめです。また、戦争がないときは内政の高さを生かして村落の派遣や一族城市の交易などで活躍します。

専属守護霊

自身のみ率兵数を増加させるスキルを持つ武将の数が多ければ多いほど、出陣時の兵力を増やすことができます。個人の戦闘からチーム戦まで幅広く活躍できますが、率兵数バフのスキルを持った武将が少ないと宝の持ち腐れ。強力ですがほかの手持ち武将に左右される効果と言えるでしょう。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。


アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。


雑談掲示板


コメント