【公認】獅子の如く 攻略Wiki - ゲーマーWiki
 

【獅子の如く】織田信忠(おだ のぶただ)のステータスと評価

公開日:2024/05/14 最終更新日:2024/06/10
ライター:攻略班
コメント (0)

『獅子の如く~戦国覇王戦記~』に登場する武将「織田信忠(おだ のぶただ)」についてまとめています。武将の能力やスキルを解説していますので、ぜひ攻略の参考にしてください!

織田信忠のステータス

織田信忠

レアリティSSR CV森山 侑
入手方法将星降臨イベントで獲得
統率武勇見識智略内政
9882917674

織田信忠の縁結

縁宝物効果
梨地蒔の贈物織田信忠に装備させると統率+10、【奇妙丸】スキル+3%、+5%、+2%、【部隊検分】スキル+1%、+1%
名称効果
京に死す織田信忠、村井貞勝が加わると、全兵士の抵抗+1.5%
婚約同盟織田信忠、松姫が加わると、全軍の兵士の防御力+2.5%

織田信忠のスキル

スキル名効果(最大まで昇級した時の数値です)
奇妙丸所属軍団の全主将の率兵数+(基礎率兵数の)15%、自身の率兵数+(基礎率兵数の)25%、所属軍団内に国友筒隊を帯同する部隊がいる場合、その主将の率兵数さらに+(基礎率兵数の)10%
部隊検分戦闘時、当方兵士の連撃+(既存連撃の)5%、このスキルを所持する武将が第六重まで覚醒した場合、さらに上昇率+5%(集結時、重ねがけ可能、最大+20%)
逐浪の火
専属守護霊
・2セット:所属部隊の弓兵の攻撃+6%
・4セット:所属部隊の弓兵の防御+6%
・6セット:戦闘時、当方の元ダメージの18%を追加ダメージとして与える(集結時、重ねがけ不可、効果がもっとも大きいスキルのみが有効)
当方の最終連撃の絶対値が敵の最終連撃の絶対値より1%多くなるごとに、その追加ダメージはさらに+(元ダメージの)0.6%
(連撃の差値により追加するダメージは敵領主にのみ有効、集結時、重ねがけ不可、効果がもっとも大きいスキルのみが有効。この効果の上限は織田信忠の数×10%、集結時、上限は最大25%までに拡張可能)

覚醒

四大王衆天
1段階
・部隊弓兵攻撃+2%
・部隊弓兵防御+2%
忉利天
2段階
・部隊弓兵攻撃+3%
・部隊弓兵防御+3%
・守護霊枠風・林を開放
夜摩天
3段階
・武将統率+1
・部隊弓兵貫通+2%
・部隊弓兵連撃+2%
兜率天
4段階
・部隊弓兵貫通+3%
・部隊弓兵連撃+3%
・守護霊枠火・山を開放
化楽天
5段階
・部隊弓兵抵抗+5%
・部隊弓兵障壁+5%
他化自在天
6段階
・軍団弓兵攻撃+5%
・軍団弓兵防御+5%
・守護霊枠雷・暗を開放

織田信忠の評価

自身のみならず軍団内の他の主将の率兵数もまとめてアップさせるということで、軍団全体の兵数のアップに大きく寄与します。相手を上回る兵数を用意することは、『獅子の如く』においてシンプルながら強力な戦術。特殊弓兵である国友筒隊を条件にさらに率兵数をアップさせられますが、他の効果は全兵種に有効なのでどの兵種をメインで運用していても有用です。「部隊検分」のスキルは覚醒するとさらに強化されるという珍しい条件持ち。未覚醒の段階から連撃をアップさせられる点は貴重ですし、倍率は低めですが重ねがけ可能なので織田信忠持ちで集結することで火力を引き上げることができます。
総じて、汎用性が高く便利であり、国友筒帯を運用できているプレイヤーなら優先順位が大きく上がる武将と言えるでしょう。

部隊検分スキルについて

たとえば戦闘時の既存連撃が画像の通り、51.5%(白数値と緑数値の合計が既存連撃になる)になっている場合、さらにスキルレベルマックスで武将覚醒を完了すると、そのスキルの発動結果は「51.5%×(5%+5%)=5.2%」(四捨五入計算あり)になります。

特徴と運用

軍団全体の率兵数をアップさせられるスキル持ちは少ないですし、未覚醒から十分に活躍してくれる点も魅力的。軍団の兵数がアップすると日課のNPC討伐でもより上位の敵を倒しやすくなるので、少しでも兵数をアップさせたければ入手を狙っていきたいです。ただし武家屋敷レベルが低いとそもそもの率兵数も低くなり、バフの恩恵が得にくいのでそちらも忘れず昇級を進めましょう。

また、国友筒帯はレベル9の城である雑賀城で獲得可能な特殊弓兵であり、部隊を編成可能になるまで集めるハードルが高めですが、+10%の率兵数アップは優秀です。織田信忠を入手できたなら、雑賀城を所持している一族に加入するなどして、何とか国友筒隊を編成できるよう目指しましょう。

連撃は相手の抵抗の上からダメージを出していくことができる優秀なステータスですが、未覚醒の状態だと5%アップにとどまるので、ソロプレイで使っていると強さを実感しにくいかもしれません。他の織田信忠持ちと相談して同じ集結に参加し、重ねがけの恩恵を得るようにしたいです。

見識の能力値も高いので、戦闘をしていないときは見識が上がる宝物を装備させて訓練や探訪 などの見識要因として運用しておくとムダがありません。

覚醒後評価

専属守護霊の性能は相手に直接ダメージを与えるタイプ の効果となっており、交戦に入った際の兵数で優位を取りやすくなります。連撃の絶対値が高ければ高いほど追加ダメージが増えるので、連撃がもともと高い弓兵で運用することで最大効率を発揮しやすくなります。覚醒前から持っている第一スキルの「奇妙丸」にも国友筒隊が指定されている点も加味すると、織田信忠の覚醒は弓兵をメイン兵種にしているか、連撃の絶対値の高さに自信がある場合に進めるのがいいでしょう。重ねがけできない点は残念ですが、逆に言えば集結内で誰かひとりが織田信忠を覚醒させていればいいとも言えるので、一族内で織田信忠を複数運用する場合は誰が専属守護霊を入手するか相談するといいかもしれません。

専属守護霊について

たとえば専属守護霊の合計レベル60のとき、交戦時の元ダメージが画像の通り4,572になっている場合、そのスキルの発動結果は「4,572×15%=686」(四捨五入計算あり、NPC相手の場合)になります。

敵領主との戦闘の場合、自軍の連撃が敵軍より上回っているときはさらに追加ダメージが増加します。

コメント

コメント投稿の前に利用規約の確認をお願いいたします。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。


雑談掲示板


コメント